宮崎ひろみのコーチング・ジョイ コーチングで目標達成・自己実現

「コーチングってすごい!」と強く感じた私の体験

⇒コミュニケーションのパターンを変える法

子供とのエピソード〜相手の感情を受け止める〜

「あ〜、またやっちゃった!」

夫婦でも親子でも、トラブルの時、なぜか同じパターンを繰り返している。
なんていうことはありませんか?

ちっとも上手くいかなくて、内心うんざりしながらもいつもそこから抜けられない。
そんな経験はどなたでもお持ちだと思います。

そういう私も、思春期の子供と、思いっきりワンパターンのバトルを繰り返していました。
その時、パターンを変えるためにとても役立ったのがコーチングだったのです。

それまで何度となく繰り返されてきた、高校生の息子との会話です。

いつものパターン

息子:「先生のせいで僕が勉強できないんや!」 (怒っている)

母  :「何言ってるの。自分が悪いんでしょ?いつもそうやって相手のせいにするからよくないのよ。」(冷静に批判、評価している)

息子:「僕は教え方のことを言ってるんや!あの先生・・」(もっと怒リ出す)

母 :「だから、先生の問題じゃないって言ってるでしょ。まず自分がやってからにしたらどうなの。」(相手の言葉を遮って話し出す)

息子:「もういいっ!!」(キレてプイっと外へ出て行く)

息子の言っていることを否定し、決めつけ、批判しています。
最後には、息子の話をさえぎって否定した上、命令をしています。
こうして書いてみると、関係悪化は必至の会話ですね。
我ながら納得してしまいます。(笑)

では、コーチングを使ってみた時の会話です。
実はこの時が、「コーチングってすごい!」と最初に私が実感した場面なのです。

コーチング的に関わると

息子:「先生のせいで僕が勉強できないんや!」 (怒っている)

母 :「そうなんや。先生のせいで勉強ができないと思ってるんだね。」

息子:「そうやねん!だいたいあの先生はな・・・・・」(延々不満が続く)

母 :「そうなんだ、そう思ってたんだねぇ。」

(この後、ひたすら聞き続けること約5分)

息子:「基本のところをちゃんと説明してくれないから、授業がよくわからないねん。みんなもそう言ってる。」(かなり落着いた様子)

母 :「それでわからないんだね。じゃあ、どうしたらいいと思う?」

息子:「明日みんなと話してみようかな」(スッキリした顔になっている)

ここで私がしていたのは、とてもシンプルなことです。
相手の言葉をそのまま繰り返す、オウム返しと言う方法です。

言葉を繰り返しながら、心でやっていたのは、「相手の感情を受け止める」ということです。
同意することとは違いますので、相手が間違っていると思う場合でも、感情を受け止めることはできます。
「あなたはそう思っているんですね」と返せばいいのです。
相手から投げられたボールをちゃんと受け取る、というイメージです。

この一言でいつものパターンが変わり始めます。

相手は受け止めてもらえたという安心感を持ち、感情を言葉にし、次第に落着いていきます。
聞く側も、相手の感情に巻き込まれずに済みます。

もちろんこれだけで全てが変わったわけではありません。
でも、一時は互いに顔を合わせるのが憂鬱になるほどだった親子関係が、
良い方向に向かいはじめる手応えを感じた最初の瞬間でした。

相手との関係を良くしたい気持ちさえあれば大丈夫!
これを一つ意識するだけで、プライベートからビジネスまで、いろんな場面で応用が利きます。

カタチから入ってもいいんです。
まずは小さな成功体験をひとつ、作ってみませんか?

職場や家庭で相手との関係を改善したいあなたはこちらから…

クライアント様とのコーチングの事例

ここからは、私がコーチングを通してクライアント様と関わった実際の事例です。
尚、文章の全てはクライアント様ご本人より掲載の許可をいただいております。

コーチングセッションではどのようなことをするのか?
コーチングセッションを体験するとどのような変化が起こるのか?
ご参考になれば幸いです。

自分を縛っていたものからの解放

40代の主婦Aさんのテーマは、「自分自身と向き合い、心の中にあるものを整理する」というものでした。

表面的に現れている課題は、子供への過干渉だったり、整理整頓や事務作業が苦手といったことでしたが、そうした現象の根源にあるものが、自分を縛っているある種の「恐怖」だと、この時Aさんは既に気付いていました。

わかっていても自分をコントロールできないことに悩み、変わりたいと強く思ってコーチングを受けられたのです。

お話を聴いていくと、今はいろんなことで曇らされているけれど、その奥からAさんが本来持っている活き活きした輝きが、キラキラとこぼれ出ていました。しかし、「恐怖」に光を当てていくと、本来の輝きはどんどん力を失っていきました。

これは初回セッション後と、数回のセッション後に、Aさんから届いたメールの一部抜粋です。

『自分のことを語るなかで、自分の視点がかなり変わっていくのを体感しました。そして、自分を縛り付けていた鎖の正体がわかり、それがわかったことでとても希望が湧いてきました。帰りの電車では周りの風景が違って見えました。「幽霊の正体見たり、枯れ尾花。」というところでしょうか。これでスタート地点につけたということです。』

『この間のセッションのあと、私の意識は劇的な変化(あくまでも私にとってですが)を遂げております。まるでなだれをうつようにさまざまなことがつながり、氷解しました。』

こうした内的変化と共に、これまでどうしてもできなかった行動が取れるようになったり、難関の試験に合格したりと、次第に自信を深めていかれました。Aさんが本来の自分自身を取り戻していく過程は、私にとっても感動的なものでした。

40代 女性

独立に向けてのステップアップ転職に2回成功

不動産の営業をしているBさんは、独立開業が目標です。

当初、自分に合わない会社で、かなり我慢して働いていましたが、最初のコーチングセッションで転職を決断。どんどん行動を起こして、すぐに希望の会社に就職しました。

コーチングを通して自分の価値観を掘り下げ、本当はどうなりたいのか、自分を止めているものは何か、を明確にしていきました。

そして1年後、更にステップアップした転職に成功。

本来の自分を知ることによって、
業界の常識や周りの価値観に影響されることが次第に少なくなり、
自分を信じることができるようになりました。

ブレたり迷ったりした時、本来の自分を思い出すことで自信が戻り
やりたいこと、そのためにやるべきことがはっきりして無駄な動きが少なくなったと言います。

それに伴って営業成績も上がっていき、自分に必要な仕事を覚えながら、
着々と目標に向かっています。

30代 女性

実は夫婦関係がネックだったビジネスマン

ビジネスでの夢を実現したいとコーチングを受けにこ

お話を伺棚上げにしたまま、夢の実現を目指そうとしていると感じました。

けれど実際には、気がかりなことがあるとエネルギーを奪うものです。
前に進みたいのに「おもりを抱えてなかなか進めない」ような状態だったのです。

初期の段階で、私から奥さんとの関係改善のための行動を提案しました。
Cさんは、提案を受け入れて、夢の実現に向けて行動する傍ら、
家族とのコミュニケーションの改善にも取り組みました。

特に奥さんとは感情的にこじれていたこともあり、自分から一歩を踏み出すのは
『めまいがするほど』で、とても勇気が要ったそうです。

しかし、6ヶ月間のコーチングを終える頃には、「幼い頃から憧れていた理想の家庭にほぼ近付きました」と言われるほどの成果を手にされました。

とても幸せそうなCさんが語る夢は、当初よりずっと力強さと落ち着きを増しており、
必ず実現すると確信しました。

40代 男性

コーチングマネジメントへの転換をした管理職

大手企業の部長Eさんは、トップダウン型マネジメントで部下をぐいぐい引っ張って大きな成果を上げてきました。

しかし、ここ数年、それではなかなか業績が上がらない状況です。
会議では、気が付けば一人舞台。意見を聞いても誰も口を開きません。
これではいけないと思いつつ、なかなかマネジメント方法を変えられずにいました。

コーチングを受けたEさんは、そこで出た答えを即行動に移しました。
まず、周りにコーチングを受けていると伝え、これからマネジメント方法を変えると宣言。
会議ではひたすら聞き役に回り、沈黙にも耐えたそうです。

部下の方も当初は戸惑って、そうは言っても結局部長の言う通りになるんじゃないのか、
という懐疑的な雰囲気もあったそうです。

しかし、「最初は本当に苦痛で、忍の一字でした」と後日笑って言われたように、
有言実行で頑張った結果、3ヵ月経った頃には、職場の雰囲気が変わったそうです。

部下が自由に意見を言い合う伸び伸びした環境になり、モチベーションもアップ。
全員で目標達成に向かって頑張ろうという空気が生まれ、
実際に数字としてもいい成果が出たのです。

「部下に任せて大丈夫かとハラハラしていましたが、やってみたらマネジメントが随分楽になりました。その分、自分が以前からやりたかったことにチャレンジしようと思っています。」と本当にいい笑顔で言われました。

50代 男性

手のかかる部下を小さな成功体験で育てる

営業課長Fさんは、販売成績は悪くないが、その後の顧客フォローができない部下に困っていました。

叱ったり指導したりしても効果がなく、仕方なくFさんがフォローをしていました。
それでも、本人は特別感謝する訳でもなく、相変わらず同じことを繰り返す状態だと言います。

コーチングの中で「それは誰の仕事ですか?」と尋ねると、
Fさんははっとして「その部下は課長の仕事だと思ってるかもしれない・・・」と。
自分がその状況を作り出していたのかもしれないと気付きました。

なかなか部下を信頼できず任せていなかったことを認めたFさん、
その部下に、簡単だけれど、やらないと課内全員が困る仕事を彼に任せることにしました。

それをきちんと本人の目を見て伝え任せたところ、その仕事をしっかりとやるようになりました。
Fさんはできたことをきちんと承認して、次の仕事を任せるステップへと進んでいきました。

小さなことでもできたとき、いつも文句ばかりの課長が認め、承認したことで、
本人に初めてやる気が見えたとのことでした。

40代 男性

不登校の子供に向き合う

※ これは僅か2回のコーチングでの事例です。

小学6年の男の子の父親Gさん。
その子は低学年から不登校気味になり、2年前からはほとんど登校しなくなって、母親は万策尽きて疲れ切っていました。

Gさんは奥さんに任せきりで、内心は悩んでいたものの、顔を見れば学校へ行けと怒るか文句を言ってしまうかでした。悩む妻の話は、仕事で疲れていて聞きたくないと耳を塞いでいたGさんでした。

本音は子供と向き合うのが怖かったし、妻とも向き合わずにきたと気付き、
何とかしようと関連本などを読み出したところで、コーチングを受けました。

子供の話をとにかく聴いてみてください、と私からリクエストしました。
どんなに勝手な理屈を言っていても、オウム返しか黙って聞くだけにしてくださいとお願いしました。

すると、1週間後のセッションで「びっくりしました!」と報告がありました。

朝出掛けに、子供に『学校の何がいやなんだ?』と聞き、
時間がないので『帰ってきたら教えてな』と出勤。

帰宅すると、いつも黙って居間でテレビを見てる子供が、玄関まで走り出てきて
『何も嫌なことあれへん!』と言ったそうです。

『そうか、嫌なことあれへんのか』とオウム返しをすると、
息子がいろんな思いを話し始めたし、笑ったそうです。

「一気には解決しませんが、妻との会話もするようになり、家庭がやっと明るくなってきました
そう言うGさんの顔も眉間のしわが伸びて、明るくなっていました。

40代 男性

コーチングを受けた後にどんな感じがするのか?、またどんな気付きがあるのか?などの参考に、私とのコーチングを体験したクライアント様の感想をご覧ください。

クライアント様の声はこちらから…

私のコーチングでは実際どんな関わりをしているのかを知りたい方、
コーチングの詳細はコーチングのページをご覧ください。

コーチングのページはこちらからどうぞ

このページのトップに戻る

ホームに戻る

Copyright (C) Coaching Joy All Rights Reserved.