自分自身を知る方法

コーチングが役立つ日常

人は、自分自身の体験から、あるいは周りの人や環境、出来事から、フィルターや制限となる思い込みを無意識のうちに取り込んでいます。 まずそのことに気付き、今の自分に不要なものであれば、それを外すことが必要です。

それと共に「自分は本来どういう人で、本当はどうしたいのか?」ということを知らなければなりません。では、本来の自分を知るにはどうすれば良いのでしょうか?

自分の中には2層の領域があります。

  • 自分が知っている表面の自分 → 考えれば答えがでる
  • 自分が知らない深層の自分 → 考えても答えがでない

そして本来の自分自身は深層の部分にあります。

その部分を知るにはまず頭で考えるのではなく心で感じることが必要です。
そうすれば、ちゃんと心や身体は答えてくれるのです。

それでは感じるってどういうことなのでしょうか?

「考える」と「感じる」の違いは?

友人と食事に行ったときのひとコマ。
レストランに入ったら、店内は少し混んでいるようで店員も忙しそうな様子。

ふと窓際の席を見つけ、「あそこの席に座りたいな」と思いながらも、

「こんな混んでるときにあんないい席が空いてるなんてきっと予約に違いない」とか「混んでるときだし、店員も忙しそうにしているし、希望を言って嫌な顔されたら嫌だな」なんて考えてしまい、

「言えない」と感じてあきらめて、結局席の希望を言うことができなくて、案内された違う席に座りました。

すると、後から来たお客さんが「あそこの窓際の席がいいんですけど」と席の希望を店員に伝えています。

「どうぞ」と案内されたそのお客さんたちはその席に座って楽しそうに会話をしています。

それを見た私は胸の中で「あ~あ」と悔しくなってモヤモヤ感を感じながら、

「あ~やっぱり予約じゃなかったんだ」「店員に言えば良かったな」と指をくわえて「フーッ」とため息をつきました。

上の事例で青文字のところが心で感じているところ赤文字のところが頭で考えているところです。
この頭の中での信号の流れの回路を図にすると以下のようになると思います。

このように多くの場合、感じているのに感じているところ、つまり本当の気持ちを無意識に飛ばしてしまい、頭で考えたことに影響されて行動を選択しているのです。

だからやりたいと思っているのに、いろいろ考えるとなかなか行動に移せないということが起こるのではないでしょうか?

「頭で考えるのではなく心で感じる」ことにフォーカスすると、

  • 可能性を制限しているものは何か?
  • 本来のあなたはどんな人なのか?
  • 本当はどうしたいのか?

明確になってきます

この部分を一緒に見つけていき、自発的な行動が起こるようサポートするのが、コーチの大きな仕事だと私は考えています。

自分のことが知りたいあなたはコーチングのページをご覧ください。